おすし屋さんの工事例|内装外装工事の店舗デザインと施工例|施工-株式会社センシン(大阪-神戸)
 Works
  
トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問

  DATA・・・・・・・・・・・・  
 工事名 :すしダイニング ほまれ様新店工事
 住所 寝屋川市大利町18-9
 営業内容 飲食店
  TEL/FAX 072-827-3510
 工事期間 約1カ月
 面積:客席 48.6㎡ 最大席数22席






 before

  今回工事は木造平屋建ての

物販店からオーナーチェンジで

おすし屋さんへの

リニューアル工事です

10年程前の水害で床下浸水

した為、コンクリートで床上げ

をされたようです。

築約40年以上は経過

しているもようです。

35年程前に4軒長屋の
2軒分を

一軒家に改造し

電気屋さん→化粧品屋さん

今回のおすし屋さんへと

モデルチェンジ

中々のレトロ物件ですので

手の加えどころが

盛りだくさんありそうです。


屋根裏をのぞいてみたところ

土壁がむき出しです。

4軒長屋だった痕跡が

屋根裏にありました

お隣の店子さんが

お借りした時に天井部分が

つながっていたため

間仕切り壁で塞ぐ工事を

されたようです。

  雨漏りの跡が

母屋・胴差・柱などに

残っております

  今回お店の半分近くの天井を

取り払い吹き抜けに致します。

  さぁ解体工事の

スタートです。





 Construction Start

  まずは派手につぶしまくります

電線がでてきて整理が必要

屋根裏の状況が

明らかに

タイルやセメント、コンクリート、ブロックなどは音やほこりが発生しやすいので事前に近隣へのあいさつが必要です

2軒を1軒に改造した時に

鉄骨でトラス補強

した模様です。


中々斬新な

補強の仕様です

屋根を支える梁が

ぶち切られ鉄骨の補強梁の

上に置いてあるだけでした。

固定もされておりません

何かしらの補強が必要に

なりました。

協力業者の電気屋さんが

配線のチェック中

吹き抜け部分の天井に

断熱材を充填中

屋根裏の床があらわに

なりました。

この床もタイミングを

みはからって半分撤去

致します。

床のコンクリート部分を

配管できるようにハツリとばし

配管施工中、、

母屋梁を見せ

屋根なりに天井を

製作していきます

厨房の土間は

側溝を作るため

型枠施工

  カウンターの腰壁下地

  カウンター天板の幅が

80cmある為、

ダブルの腰壁下地です

カウンターのバック棚は

インローの金物を鍛冶屋さん

に製作していただき

壁面に仕込んで

おきます

  FIX部分の解体後基礎となる

柱足元部分が

腐って朽ち果てて

おりました。



    このまま工事を進めるのが

危険と判断し

不動産屋さん経由で大家さん

に連絡して頂き現状を

確認してもらい




     大家さん・不動産屋さん

テナントオーナー様・弊社

立会の話し合いを

行い、補強の内容確認

急遽補強工事を

することになりました。

     まずは、所々朽ちている

梁の補強

既存梁の下にドライビーム

の梁を抱き合わせ

金物で連結

     柱には防腐剤塗布

     腐った柱の両脇に

新設の柱を抱き合わせ



    ボルトで連結

     上記を3壁面に施工

     母屋+束を

L型の金物で連結

  母屋のジョイント

も金物で連結

  新設梁下には

柱で補強いたしました。

  上記と並行して本工事の

内部造作も進めて

いきます

埋設用の設備配管も

施工完了

  カウンターの腰壁にも

仕込みの配管が完了

補強工事の方は

妻壁と呼ばれる部分を

構造用合板で補強中

ファサードの壁下地も

完了し枠の取付です

厨房のバック棚の仕込みも

完了

座敷部分の床は

電気の床暖を敷き詰め

ました

    厨房の防水下地も

完了

グリストラップは大きめの

70リッターサイズ 

    側溝の溝もモルタルで

仕上げ中 

     外壁面はラスカット

    左官の壁下地

     防水面の上に保護モルタル

床勾配をここで付けていきます

     立ちあがりの

防水面は

後日施工

    鉄骨の補強トラスは

ベニヤ板で囲い

木梁もしっかり

固定いたします 

   壁の下地も

着々進行中

   カウンターの天板も設置し

しっかり養生致します

   小屋裏部分は

エアコンや換気扇の配管

スペースに、、、

     熟練の大工さんが

ボードを隙間なく

貼り並べていきます

   厨房の壁は塗装仕上げ+

SUSの板貼り

ジョイント部分を

パテ処理中

   厨房の側溝も

着々と出来上がって

いきます

   外壁部分の足元は

巾木と呼ばれる部分を

モルタルで作っていきます

   天井照明器具用の

穴も塗装で仕上げる

前に開けておきます

   外壁のモルタル下地

これまた熟練の

左官屋さんが施工中

   綺麗に仕上がっております

見てると簡単そうですが

これが中々、、、

   店内では座敷の

床下地も出来上がって

おります

   

     上記写真の黒い壁に

透明のアクリルに貼りつけた

切りぬき文字の看板を

固定致します。

   下駄箱を工場で製作中

30足収納

     レジ台

下部はスライド式の

棚板


   業務用エアコンも

吊りこみました

  内部の工事も最終段階 

  塗装屋さんが

化粧材を綺麗に塗装中 

   入口部分には、

簡易な庇も取付完了

  木製の建具も出来上がって

まいりました

     外壁の仕上げもほぼ完了





Completion of Construction

外観の様子


コース料理等

色々なメニューが豊富


店内はオール座敷

足元の段差を

利用し間接照明を

設けました

カウンターのネタケースには

ウニが、、、

食べたい!

カウンター席とテーブル席

両方座敷仕様です

現場施工の

手洗い什器


下駄箱は

通路を広くとる為

壁に少し埋め込んでおります

吹き抜けにした事で

解放感をもたせました


丸太の梁は

ケレンしOS塗装


オーナー様がネタを

仕込中


外から丸見えの店内、


テーブルも

弊社で製作しました。

銀色の取手を

引き出しテーブル天板を

乗せるとテーブルが

連結出来ます


座敷スペースも

広めで窮屈なく座れます。


工事完了です。

寝屋川にお越しの方は

すしダイニング ほまれ様に

是非お立ち寄りください。

すしダイニング ほまれ様

今回の御依頼誠に有難う

ございました。

またの御依頼お待ちして

おります。



トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問
 株式会社センシン 〒561-0842 大阪府豊中市今在家町18-50 TEL:06-6865-8989 FAX:06-6865-8988
inquiry@e-senshin.co.jp

 ※知的財産保護に基づき、デザインの著作権は、㈱センシンに帰属します。無断転用、複写、引用、使用の一切を固く禁止致しております。