カイロプラクティックの施工例|らくらく整体にしかわカイロプラクティック|店舗のデザインと施工例 株式会社センシン

 店 舗 施 工 例
  
トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問


  DATA・・・・・・・・・・・ロゴデザインはオーナー様支給(オーマデザイン様にて製作  
 工事名 らくらく整体にしかわカイロプラクティック新店工事
 住所 :大阪市阿倍野区阪南町5-5-13 東五ビル1F
 営業内容 :カイロプラクティック
  TEL/FAX :TEL 06-6623-5577/
 工事期間 :22/11/08~22/11/20 (現場施工約2週間)
 面積 :28平米(診療ベット2台)


工事前の状況
   
今回の案件は、RC造4階建て複合テナントビルの1階に
カイロプラクティックを計画中です。

ファサードには古さを漂わすシルバー色のフロントサッシ

イメージを変えるには
取り換えるか、塗装するか、塩ビシートを貼りつける
などの方法がございます。

入口ドアの位置に問題がなければ
やはり塩ビシートをお勧めします。
コストは塗装より割高ですが、
剝がれる心配が少ないですし、何より木目やレザー、
石目など色柄が豊富です。

 
軒先と軒天には、さび止め仕上げのスパンドレル
おまけにボヤっと光る怪しい照明が・・・

もちろん撤去でダウンライトに交換することで検討中
軒天井もすっきり張替で検討中

 
左右の柱部分には、人造大理石が貼りつけられており
建物全体の共通の仕上げとなっております。

 
土間は昔懐かしの石目調左官仕上げ
フロントサッシのフロアヒンジは油漏れを起こしている状況。
修理すれば使えますが、年配の方を考慮して
半自動のスライドドアへの交換を検討中

 
見れば見るほど懐かしさがあふれ出る外観
これから予算と闘いながらリフレッシュです!

 
店内は、それなりに一度リフォームされており
結構小綺麗な状態

 
流し台も設置されておりバックヤード内では十分使用可能。

 
しかし壁面には他の玄関跡が・・・

 
こちらにも窓や古いエアコン開口の跡が・・・
オーナー様はとてもこの段差や枠が気にされていたのでどのように痕跡を消すか検討した結果3つの方法を提案

 
①壁を新たに設置して隠す方法

②出っ張っている枠を削り取りパテで継ぎ目を隠す方法

③枠の出っ張りに負けない出っ張りを多数作り出し枠痕をわかりにくくする方法


①は、クラックも枠痕も消えるがコストが高く仕上げも普通でしかもスペースが狭くなる

②は将来的に凹凸は無くなるがクラックが枠の形に浮き上がる
よって、
ローコストでデザイン性もあるだろうと③番に決定!

 
WCの壁は眼が覚めるようなブルーのタイル張り!
土間も水洗いOKのタイル張り!

しかしこのテナントの用途はカイロプラクティック

飲食店とは違い拭き掃除で十分です
また年配の方が寒々するような見栄えより
暖かいイメージが大切ではないでしょうか?

よってタイルはすべて取り払い壁紙で仕上げ、
床は継ぎ目のない抗菌タイプの長尺シートで検討

 
N様はすでに配置図を書いていただいており、現地での
お内わせがとてもスムーズに行えました。
ありがとうございますっ!

工事中の状況
 
では早速WCから解体工事開始!できるだけ近隣に迷惑がかからぬよう他の爆音作業を始めの何日かにまとめることにより
私が近隣様に謝る作業も少なくて済みます・・・

 
しかしこのWCあなどっておりました!
なんでこんなに給水管があんねん!ってぐらい出るわ出るわで
6か所ぐらいありました。つつかないように慎重に慎重に

 
無事解体作業完了し排水管だけが残されました。

 
店先ではフロントサッシの親子扉を解体作業が進行中。

ドアを取るには通常ドライバー1本あれば簡単に済むのですが
今回は駄々をこねるビンテージドア!沈下などでクリアランスもなく変形しており、556でねじを滑らせたり、ショックドライバーでたたいて回したりとしてみましたがもう限界です。

オーナー様に了承を得て

奥義炸裂!


 
南斗水鳥拳で。。。

 
なぜか店内にある水道検針メーターですが
化粧枠が高く設置されており踏み心地がわるくなるので

 
コンクリートを削り取り床の高さを下げて
モルタルで枠を再固定

 
地下に降りる入口発見!シェルターなのか・・・

今回は平和を願い、埋めることに・・・
モルタルの厚さが4cmに満たないのでワイヤーメッシュで補強してみました。
白いシートは鉄の扉にモルタルが付着しないよう縁を切るため敷いております。後に現状回復など発生したとき簡単に剥離できるように施工しました

WCのタイルが削りとられた壁は、どこか痛々しいです。
凹凸も激しくモルタルで塗り込むには厚みがありすぎるので
GL工法を選びました。この方法は凹凸があってもボンドで
ボードを固定するのでコストも時間も短縮です。

写真の床は長尺シートの下地をモルタルで施工中

WCばかりですみません
狭い場所ははかどらないんです

なんとかWCの下地完了です。
狭くても施工する内容や必要な道具は変わらないんですねー

塗装工事も終わり、とうとう塩ビシート施工です
スリーエムのダイノックシートをチョイス!
屋外対応の木目柄で統一し端材のロスを抑えました。

各パーツの寸法通りにカットしコンパクトに整理されております。

フロントサッシに先ほどのダイノックシートを施工中

こちらは内側から施工中

今日はダイノック屋さんに占拠された模様なので・・・

とっとと工場に帰ってまいりました。

この豊中市今在家町付近は、工場ばかりで住宅などがないため、音や臭いを気にせず加工ができて助かります。

市内で気にしながら加工をしていた時より3倍は違います

すでに切り分けられた角材たち
1回目のオイルステイン塗装が完了し
起立して乾燥待ちです

少々長い角材は吊り下げられ乾燥待ち

 
無茶苦茶長い角材たちは、
最上段の天井から吊り下げられ乾燥待ち
ん~
やはり工場は便利

 
帰ってきたついでにフロントサッシのガラス部分に施工するカッティングフィルムのデータを作成

今回ロゴマークとフォントデザインは、オーナー様にデザイン事務所をご紹介させて頂き、
オーマデザイン様に製作して頂きました。
いつもありがとうございます。

そのデータをもとに弊社で窓部分に再配置を行いました。

   
先ほど工場で作成した角材を搬入し
組み立て行くと・・・

ギリギリです。他業種が入っていたらただの嫌がらせです。

無事に壁に起こすことができ取付完了。

段取り良く工事が進みカーテンレールも設置完了

ダイノックシートを施工したフロントサッシには、
古くなったコーキングも打ち直し、リフレッシュ完了!

外壁にはアルミ複合板を貼りつけその上にケイ酸カルシウム板を重ねて貼りつけてフロントサッシに施工したダイノックシートをベタ張りした上にサンロイドチャンネルをコンピューターカットした立体文字看板を施工中。

白いシートには原寸の文字が一文字づつ描かれており
壁面に複写することで忠実に施工することが可能となります。

店内は、床の仕上げ工事が進行中

立体文字看板も無事完了し、
スポットライトの調整が始まりましたが
外が明るすぎて電気屋さんもシュールに
お手上げ状態で日暮れ待ち・・・

工事休憩
ひと通り作業が終わりホッとして東灘の帰宅すると
近隣に気を使いながら施工した爆音工事がバカバカしくなるくらいの爆音で友人登場

野郎3人でピザを食すお誘いで、
神戸のアズーリまでGO!てな具合で完了写真をどうぞ!

工事完了
   

フロントサッシと統一された木目のダイノックシート

スリーエム ダイノックシート WG854

   
スリガラスのように見える部分は
フォグラス サンドC-16

軒下は、ケイ酸カルシウム板貼りの上、艶消しホワイト塗装
ダウンライトは、DAIKO DDF-3511LW
屋外用だとコストが合わず打合せの上、
柔軟に対応致しました。

立体文字看板
サンロイドチャンネル RMK8600-FC 15mm

ウィンドウメイク

スリガラス部分 フォグラスC-16サンド裏張り
黒 3M SC508
赤 3M SC288
青 3M SC6105

格子組ウッドパーティション

杉材
キシラデコール塗装#102 ピニー
plusサンディングシーラー処理

枠痕は目立ちにくくなったと思います!

天井・壁の塗装 オーデグロス D22-87C3分艶

塗装は色合いだけでなく艶加減も大切です。

カーテンレールを取り付ける吊り下げ脚は極力V型を使わず
1本脚ですっきり見せるよう心がけました。

V型を使用すると天井がごちゃごちゃしてうるさいイメージで・・・

天井照明は、コスト上既存を利用ですが、ランプを比較用に変えてみました。

左奥が電球色
手前が昼光色

イメージが全然違いますよね!皆さんはどちらを選びますか?

ナチュラルな質感は、やはり本物でないと・・・

目隠しにちょうどいいフォグラスシート

こじんまりと貼り分けました。

タイルカーペット サンゲツ NT341

フロアタイル サンゲツ IS-381

医療用カーテン リリカラ コントラクト LC27006

隙間から見える事を考慮し、
パーティション上部でレールをカーブさせて固定

換気扇も支給品にて交換させて頂きました。

屋外看板用照明には、バラストレス水銀灯を使用

蛍光灯のようにスイッチONにした瞬間からMAXで明るくなるわけではなく徐々に点灯し段々明るくなりますが故障ではございません。
光ってしまえば、とても綺麗に看板を照らしてくれます。

看板だけでなく歩道まで照らし、ローコストで最高の照明だと思いますが、演色性が求められる看板には、不向きですね。
なにぶん色温度が高いので真っ白の光ですから

N様この度のご発注、真にありがとうございました。

これからも
末長いお付き合いを宜しくお願い申し上げます。


トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問
 株式会社センシン 〒561-0842 大阪府豊中市今在家町18-50 TEL:06-6865-8989 FAX:06-6865-8988

 ※知的財産保護に基づき、デザインの著作権は、㈱センシンに帰属します。無断転用、複写、引用、使用の一切を固く禁止致しております。