鍋店の施工例|1人鍋 みうら|店舗のデザインと施工例 株式会社センシン

 店 舗 施 工 例
  
トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問


  DATA・・・・・・・・・・・ロゴデザインは、オーナー様からの支給
 工事名 1人鍋 みうら 新店工事
 住所 :大阪市中央区難波1-5-3 シスタービルB1
 営業内容 :1人鍋(牛鉄鍋,豚鍋,鶏はらみ鍋,つくね鍋etc)
  TEL :06-6213-5050
 工事期間 :22/09/06~22/10/04
 面積 :50平米 18席


工事前の状況
 
今回の案件は、RC造3階+地下1階建てテナントビルの
B1階を洋食店から1人鍋店に改装する計画です。
落ち着いた隠れ家的空間を目指します。

今回の計画の中で意匠よりもまずCO2の問題です。
1人鍋×18席のガスコンロから排出されるCO2を
一刻も早く換気しないとあの世行きです。
命にかかわるので十分な計画が必要です。

 
また、同時に発する熱量も問題です。
ストーブを18個同時に使うと確実にサウナです。
こちらも十分な計画が必要です。

 
心理的に路面客が地下へ下りるという不安を解消するため
歩道からでも店内が見えるように窓をあけるようオーナー様からの提案がございました。チョークで書いている部分です。
壁のタイルなどは、杉板を貼り並べ、覆い隠す予定です。

 
コンクリート造で地下の階段室の壁は、建物の耐力上、壊したり、窓を付けたりなどできないので確認が必要です。

 
店内はさすがに使い込まれていて再利用できる内装ではございませんでした。壁や天井の仕上げは剥離して、
新たなボードを貼り、壁紙で仕上げる計画です。

 
床のタイルなども貼り替えると高くつくのでフロアタイルを重ね張りして仕上げる計画です。

 
鏡張りのトイレドアは、取替え
玄関の自動ドアは、ダイノックシートでリメイクする計画です。

店内はすでにある程度、解体されておりました。
天井はコンクリートに吹き付け塗装仕上げ
壁は、ガタガタなので壁を作って隠し、壁紙仕上げ
床は、既存のフローリングを利用する計画です。
すでに痛みが激しいので、養生せずに作業して
よりアンティークさを出す計画です。

 
天井には、上階の排水パイプや給水パイプ、
地下階の電線や信号線などでいっぱいなので
整理が必要です。

 
階段の正面に見えていた壁です。
チョークの部分に窓を取り付ける計画です。

 
図面だけでは、空間のイメージが難しいので直接描いて、
オーナー様に確認していただきました。

 
カウンターが真っ白です。
消火器をまき散らした後みたいになっておりますが、
解体作業のホコリです。
すべて剥離し、除去する計画です。

 
居抜き物件は、工事費が安くつくと言いますが、それは
給水管や排水管をその位置でそのまま使う場合です。
大幅な配置変えが必要な場合は、再度配管をやり直す必要がございますし、防水層を傷つける可能性もあるので、結果、
トータルコストは変わりません。
しかし、物販店を飲食店にする工事よりかはローコストにおさまります。

 
お手洗いは、設備の取替えとタイルの張替で
リフレッシュ!

電線の束
引き込み線の中枢のようです。ここから照明やコンセントに電気が送られております。
位置的には3mほど移動する計画ですが電線の長さが足らなければ、この位置で再設置しないと幹線ケーブルの移動は、高くつく場合が多いです。

工事中の状況
 
早速、解体工事開始!
まずは、窓の開口をあける作業です。
計画段階で確認するとCB積みでしたので、構造体とは関係ないのでガンガンつぶせます。
こういった、コンクリートなどをつぶす作業を斫り(はつり)と一般的に呼ばれます。

写真で見る限りでは、戦争中のように見えますが、
これが斫り作業です。実際に騒音とホコリで本当に戦争のようです。近隣様に多大な迷惑がかかるので十分なあいさつと説明、作業時間の確認が必要です。

 
上階の排水管に流れ出す音の対策として断熱材を巻きつけました。いろんな方法や資材がございますが、一番ローコストな方法で柔軟に対応させて頂きました。

 
部分的に天井を新設してふところを設けました。
天井は、配線や配管を隠したりする役目もございます。
この下がった天井にはエアコン、換気扇、ダウンライト、
給排気ダクトなどが隠される計画です。


 
厨房の排気管から水が漏れてまいりました。
確実に漏水です。原因をたどれば、屋上のダクト部分から伝い水と判明。

 
テナントビルの管理会社に連絡を取りすぐ対応していただくよう話がまとまりました。費用はもちろんビル側負担です。
がっ!
何と
この使えると聞いていたダクトが、1階の床コンクリートでフタをされていることが判明!使い物になりませんってかあり得ない。
急遽、ダクトルートの変更が必要となり、
オーナー様と打合せ!

 
仮設の排気ルート計画をたてて打合せ
しかし
ガスコンロだとCO2と熱量の負担が新たな排気ルートでは少なすぎるので、IHクッカーでCO2を下げる計画に変更していただきました。
しかし
1台当たり1400Wの消費電力が必要ですので
電柱から新しいケーブルを引き込こんで対策。

壁の軸組みも進み・・・

プラスターボード貼り込んで・・・

新たな排気ルート用のダクトを隠す梁を設けて
窓から外へ排気するよう計画変更で問題回避できました。

工事は戻って、カウンターのバック棚に補強下地を取付

壁から突き出した角パイプにボトル棚を突っ込む計画です。

地下への入口の軸組み工事にとりかかり・・・

杉板張りでタイルも隠れてまいりました

玄関のイメージもすっかりかわって丸窓も綺麗に掃除・・・

店内では化粧木材を取り付ける工事が進みます。
この角材に簡易個室の仕切りとしてロールスクリーンを固定する計画です。

ホゾ加工を現場で行い・・・

 
仮設置完成です。
壁にもウッドラインが取り付けられ・・・
後は、オイルステインの色を決め

 

色決め用にパースを用意致しました。
001 赤茶

 
002 狐茶

003 素地

004 焦茶

004 焦茶に決定したので早速、塗装屋登場!
コンクリートの下塗りとして灰汁止め(あくどめ)シーラーを
塗り込んでいきます。
オフホワイトでしあげますので、まれにシミがにじみ出たりすることを抑える目的です。

下塗りが終わり、仕上げ材の吹付け完了です。

次に色決めしたオイルステインで木製部分を染色

ウッドラインも染色

屋外階段の杉板も染色し、この工程を2度繰り返し完了です。

 
厨房では、土間の補修が進んでおります

 
写真左の新たに設置した壁の足元は、モルタル巾木を設置。
一般的には、壁高さ1mまで防水処理を行い、
その上をモルタルで保護し、タイルを張るなどして仕上げますが、とてもハイコストになります。
厨房の使う頻度や調理内容により
ローコストに納める方法をご提案させていただきました。

厨房土間も勾配調整として薄く塗り込みました

屋外では、ガスコンロからIHクッカーに変更したため
幹線引き込み準備です。

右の白いBOXからパイプを水平に這わせて・・・

左の電柱上部まで配管しこの中に太い電線を挿入します。
距離にして約20m!
とても硬く重い線なので4人がかりでも大変です。

その結果、とんでもない分電盤が設置されました。
とても12坪ほどの店内に似合わない代物です。
TOPのブレーカーは175Aで検針メーターの容量を
超えており、MAXで使用するとメーターが燃えてしまう恐れがあるのでCTという安定器別で設置することで回避。

店内では続いて、カウンター造作。
すでに一度丸裸にされたカウンターが新たな仕上げで覆われます。

IHクッカーを埋め込むよう天板も組み直し、新たに仕上げ材が貼られていきます。

壁紙工事も同時進行
すでに真っ黒クロスが施工済み

塗装屋さん再登場。
排気ルート変更で発生した新設ダクトを階段室に吊り下げる為、先行塗装です。
巨大な扇風機は、斜流ファンと言ってダクト内の空気を
引っ張る役目を果たします。

綺麗に半艶塗装が完了

WC内のタイルも重ねて貼りつけて
工事ほぼ完了です。

最後にIHクッカーが正常動作するかチェック!
湯沸かし速度が半端なく早い!
排気問題などいろいろございましたが
どちらにしてもIHクッカーに変更して正解です。
オーナー様の素早い判断で助かりました!

無事動作確認できたので、隙間から漏水しないよう
シリコンコーキングを充填で
無事フィニッシュ!

工事完了
玄関の階段アプローチ杉板張り

キシラデコール#108 パリサンダ

エントランス
床材 サンゲツ フロアタイル GT-357
壁紙 リリカラ LY18471

丸窓は既存利用
棚板 杉板オイルステイン キシラデコール#108 パリサンダ

テーブル席
白壁 壁紙 リリカラ LY18471
黒壁 壁紙 リリカラ LY18800
間接照明 ENDO EG-9804WA

カウンターTOP  メラミン化粧板貼り AICA JI-293B
カウンター立上り メラミン化粧板貼り AICA TKJ6400
前框 栂材 
オイルステイン キシラデコール#108 パリサンダ

ボトル棚 杉板 t30
オイルステイン キシラデコール#108 パリサンダ
壁軸組みより角パイプブラケットにてインロー固定 

通路ダウンライト    DAIKO DDL-1674XW
テーブル席ダウンライト DAIKO DDL-1538XW
いずれもライトコントロール経由

カウンター席スポットライト DAIKO DDL-1538XW
ライトコントロール経由

カウンター内からテーブル席の様子
上部の半個室用のロールスクリーン設置

上記スクリーンを下げた様子
タチカワ フォーク R4524

補助テーブル設置も可能

テーブル席の片側は木製ベンチ
背面に間接照明+乳半アクリル
座面奥行きは、580mmで広めです。

玄関ドア、WCドア共リメイク
カウンターやテーブル天板と同品番の
AICA オルティノ VG293

WC壁タイル INAX L13
WC床タイル INAX PSN150N/5N D1
正面ウッドパネル 杉板連結
オイルステイン キシラデコール#108 パリサンダ 

各種スイッチもスッキリまとめていただきました

ボトル棚には焼酎や梅酒がずらり!
種類が豊富です。
どんなお酒でもあると思います。
何せ隣が酒屋さんなので・・・
また、
「一人鍋」という名前ですが、孤独に食べる鍋ではございません
鍋の形や作り上、このような名前ですが、皆さんで楽しく飲んで食べていただければ幸いです。 HPより抜粋させていただきました。

T様 S様 この度のご発注真にありがとうございました
レセプションにまでご招待いただき
牛鉄鍋おいしかったです!和牛最高です。
今後とも末長いお付き合いよろしくお願い申し上げます。

トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問
 株式会社センシン 〒561-0842 大阪府豊中市今在家町18-50 TEL:06-6865-8989 FAX:06-6865-8988

 ※知的財産保護に基づき、デザインの著作権は、㈱センシンに帰属します。無断転用、複写、引用、使用の一切を固く禁止致しております。