店舗の工事例|fools (フールズ) Art. accessory+message gallery|施工-株式会社センシン(大阪-神戸)
 店 舗 施 工 例
  
トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問

  DATA・・・・・・・・・・・・  
 工事名 fools (フールズ) Art. accessory+message gallery 内装外装工事
 住所 :大阪市港区築港4-4-15 ニットレビル
 営業内容 :アクセサリー、アートポスター、アパレル、アイウェア、シューズ、各種セレクトアイテム販売
  TEL/FAX :06-6599-0300/
 工事期間 ::21/06/27〜7/15
 面積:客席 :62平米


工事前 BEFORE&CONSTRUCTION 工事中
  テナントは鉄骨ブロック造 3階建てのビルです
1階部分にセレクトショップを計画中です。
コンセプトは、古い教会と家の融合

    前回のお店は、回転寿司屋さんだったそうです。
しかしここは天保山
海遊館のまんまえです
お寿司ってっちょっと・・・・
 

アーメン†

備品がきれいに撤去され、エアコンや消防関係の警報器まで撤去されており
壁や間仕切り、天井などはそのままの状態で残っておりました。

  店内を観察していると蛍光灯などに錆びがまわっており
海が近いから潮風による影響?

  床のセメント色のタイルはイメージ通りで
オーナー様とうなづきながらこのまま使用!

  変な形の間仕切り壁は撤去
天井も撤去
壁もむしり取りブロックむき出しとする計画に・・・

  前回の厨房のです。細かな段差や大きな段差が多数あり
子の段差をたたきつぶしてフラットにする計画もございましたが
あえて
生かす方向に・・・
 

  以前のお寿司屋さんの運搬用エレベーター(ダムウェダー)発見!
何かに使えればってことで
検討中!

    おっと出ました
激しいクラックです!どうしてこんなに?

    またも発見!
これだけの動きがあればやはり
扉は固く開かなくなっておりました・・・

イメージは固まりましたが、不安が残ります・・・

    てな具合で解体工事スタート!

    手際よく職人さんが解体しております!
解体が進むにつれ、丸裸になった構造体は
いろいろな問題を抱えており
構造上危険な部位は、大家様で構造補強工事
あとの問題は弊社で柔軟に対応
とのことで落ち着きました。
見て見ぬふりは大惨事を招きますので要注意!
絶対見逃しません!

    でっかい箱に産業廃棄物を隙間なく詰め込み
最終的にははみ出すくらいの廃材量となっておりました!
暑い中ご苦労様でした!

    さて、今回もでっかい車が横付けです。
中にはセメントが入っており
厨房の床段差を整える作業に取り掛かりました

    床段差はあえて残し、
各段水平に仕上げました

    同じ段差の場所なのに
以前の厨房の水洗い用にすり鉢状に勾配が付いているため
カミとシモで7cm
セメントの厚み3cmを加えると
10cmほどの厚みが必要な個所も・・・

    床がフラットになったところで
商品の棚づくり

    細い鉄筋と網を張り巡らし、
曲げたり、切ったりを繰り返し、形にしていきます!
強度の必要なところは溶接し、補強!

  下地が完成すると同時に左官屋さん登場!
セメントを塗り付ける作業に入りました!

  ものすごく塗りにくそうでうですが
さすがPRO!
手際よく片づけてくれました!

  すべての角がまるく、表層は岩肌のような
凸凹壁+飾棚の下地が完成!

  とても暑いので風を回す工場扇登場です!
真夏の現場には欠かせません!

  お昼になると電気工のガンさんに独り占めされました
”え〜かぜじゃ〜”

  店内にながーい板が100本ほど運び込まれ
造作工事スタート!

  解体工事で発見した
ちぎれていた天井の構造材も大家様の素早い対応で
工務店、鉄工所の方々手際よく補強し
工事工程に影響なくほっとしました
ありがとうございました

  白忍者登場です

  すべてを白く塗りつぶすこの方が
塗装のPROです。
粗い岩肌や、鉄骨の床裏天井など
手際よく吹き付け

  塗装工事もいったん終わり
木造作が始まりました
前回搬入した100本の板をてきぱきとはりつけます!

  斜めや曲がりにつき合わせるので細かな丸ノコさばきが必要です。

  レジカウンターバックのアクセント壁はまっすぐ切るだけと思いきや
ブロック壁が傾斜していたので
斜めに切りつつ曲がっていくなんとも言えない切り付けでした・・・

  木造作がほぼかんりょー

  木板のフローリングは
塗装前の状態でもGOODです

  乱曲線の飾棚にも隙間なく突き合わせて
美しいです

  塗装屋さん再登場

  木板をつなぎ合わせた家具に・・・
 

  オイルステイン塗装
ペンキを塗る感覚ではなく
染める手法です
後に布でふき取り
木目を出します

  オイルステインだけでは衣類などに付着する可能性がございます
そこでクリアの保護膜を作ります
今回は乳状シケラックニスでコーティング
一般的には下地調整の目的ですが
微妙な艶加減を出したかったので
柔軟に対応させていただきました

  ポリウレタン製のショーケース枠
半艶ブラックで仕上げます

  ショーケース内はブラックの生地を

工事完了 AFTER
  てなわけで
fools (フールズ) Art. accessory+message gallery 完成です!

     ファサードは艶消しブラックのフロントサッシや鉄格子で引き締めております

    既存のアンティークタイルがより一層 深みを増し
想像以上のファサードが完成しました

    看板には、フラットバーを軸に
左からチャンネル文字+支給品の鋳造エンブレム+カッティングシート
を貼りつけ、外壁から少し浮かして固定

    鉄格子は黒革のフラットバーFL6-32で構成
結構な重量ですが
防犯性能とファサードのアクセントの両面で
効果を発揮します 

     店内のライティングは狭角のスポットライトです
必要なところにだけ局部的に照射
全体的な照度は、床下の間接照明で演出

    レジカウンターや祭壇が浮いているように計画しました 

    祭壇のショーケースはダムウェダーを再利用
内部はステンレスですがすべて木板で囲い
ガラスドアとミラーで
連続させました
 

    店内の陳列が進み
バスキアのポップアートや
キューブリックのサングラス
とても興味深い商品で
彩られていきます

   まだオープン準備なのに
お客様が来店してくる状態でした

  意匠と注意面で段差に間接照明を配置

 

  既存のスチール製のドアでは味気ないので
木板のドアでさらに覆いました 

  木板の連結にはホゾ加工を持ちい、
さらに化粧で黒革のフラットバーをコーチボルトで固定し
重厚感を出し、とどめに角材でカンヌキを固定
頑丈です!

  キューブリックのサングラス達 

   

   

  fools様この度のご依頼誠にありがとうございました!
取り急ぎ携帯での写真の為、見づらかったと思います。
近日、撮影にお邪魔させていただきますので
取り合えずこちらでご勘弁を・・・


トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問
 株式会社センシン 〒561-0842 大阪府豊中市今在家町18-50 TEL:06-6865-8989 FAX:06-6865-8988

 ※知的財産保護に基づき、デザインの著作権は、?センシンに帰属します。無断転用、複写、引用、使用の一切を固く禁止致しております。