店舗の工事例|すし魚力-御影宅配センター新店工事|施工-株式会社センシン(大阪-神戸)
 店 舗 施 工 例
  
トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問


DATA・・・・・・・・・・・・  
 工事名 :すし魚力-御影宅配センター新店工事
 住所 :神戸市東灘区御影中町 8丁目1番2号
 営業内容 :すし宅配/店頭販売/弁当/うなぎ/惣菜/竜の飯
  TEL/FAX :078-412-8887
 工事期間 :24/3/1~24/3/31≒30日間
 面積: :22平米  工事価格帯 250万~350万


工事前 BEFORE
  今回の案件は、喫茶店から出前すし厨房への改造工事です

  木製サッシ部分は給排気の開口へ改造

  ガス容量も確認

  店内はすべて解体されていてコスト削減です

  左の壁には収納棚を設けるのでベニヤ補強が必要

  木製窓は撤去し給排気フードを設置予定
よって、このあたりが焼き場(コンロ、フライヤー、オーブン)にする予定

  玄関ドアは撤去して
少しですが
店頭販売のエリアをダイヤモンド型に設置予定

CONSTRUCTION 工事スタート
  不用なテントを撤去して

  木窓も撤去
年代物だったので1マスずつ木組みの凝った作りでした

  間仕切り壁の軸組み開始

  今回はすべて針葉樹ベニヤ貼り仕上げです

  梁や壁もすべて針葉樹ベニヤ

  間仕切り壁も針葉樹ベニヤ
真ん中の穴は、のぞき窓です

  天井は下地コンクリートがきれいだったので
このまま塗装仕上げです

  パイプ類もそのまま塗装です

  中にいるとペンキだらけになるので、外回りの工事を進めます

  テントは撤去したので、庇を造作
黒い部分は、セメントを塗るための専用ベニヤです

  左官屋さんにセメント塗りに登場

  店内の土間もセメント塗り
真ん中の段差は別の仕上げを流し込むのでセメントはぬりません

  綺麗に仕上がり下地完了

  引き続き白いセメント、漆喰塗りスタート

  細かな部分もつるつる仕上げです

こんな油もこっそり混ぜてます

  セメントを塗らなかった土間部分に樹脂系の洗い出し

  樹脂と混ぜ合わせた砂利をコテでなでるだけ

  定規で引っ張るのもありです

  玄関ドアではございません
飛び石によるガラス破損防止用の衝立も造作

  雨で1日ずれこみましたが板金屋さん登場
ベニヤだけだと雨が入ってしまいますのでガルバリウム鋼板の
屋根をかけます

  順調に作業が完了したはずが、、、

  次の日、いたるところの漆喰がバキ割れです。
なんで!!!
どうやら、板金屋さんが来る前日の雨が、雨よけシートを貫通し
フレームを形成している材木が水を含み、膨張し、
表層の漆喰が割れたのだと3秒でわかりました。
もちろん乾きを待って補修完了です

  雨による被害は別件でもありました
裏の階段下の壁から雨が侵入していた模様
関係者に連絡を取り、リフォームすることに決定

  早速外壁を解体してみると、ほとんど軸組みが朽ち果てていました
さすが年代物のテナントです

  材木がやせ細り、

  揺らしただけで崩れ落ち
粉々に、、、
初めての経験です

  便所まる見え、、、

  早速軸組み開始

  セメント下地用のベニヤを貼り、
ジョイント部分のシール処理
そのまま塗るともちが悪いのでしっかり下地処理をしてから
コーキング充填です

  これでセメントを塗るだけです
一見、壁の位置は前回と同じに見えますが、
数ミリ違う位置に作りました。
たかが数ミリですが、耐久性や漏水の理屈的に
大きな違いがある数ミリです。
大将の要望で勝手口も設置

  セメント塗りも完了し、最後に水仕舞のコーキング充填して完了です

工事完了 AFTER

ファサードは作りすぎず必要最低限で造作

玄関はいろいろ案が出ていたのですが、引戸に落ち着きました

無垢板の看板は、大将のお父さんの手作り!

照明は裸電球!

陳列されているボトル類は
自家製のお酢やしょうゆなど他にもいろいろ手作りの調味料です

     冷蔵ショーケースには

いろんな惣菜、巻きずしが並びます

やってよかった!洗い出しのアクセント

ひび割れは、もうございません

T様度たびのご発注誠にありがとうございます。
いつも楽しくお仕事させていただき感謝です。


トップどこまで無料?店舗の内装工事住宅リフォームインテリアデザイン家具什器会社概要お問い合わせよくある質問
 株式会社センシン 〒561-0842 大阪府豊中市今在家町18-50 TEL:06-6865-8989 FAX:06-6865-8988
inquiry@e-senshin.co.jp

 ※知的財産保護に基づき、デザインの著作権は、㈱センシンに帰属します。無断転用、複写、引用、使用の一切を固く禁止致しております。