店舗デザイン・店舗工事の株式会社センシン(大阪-神戸)

www.e-senshin.co.jp

センシンの施工写真

飲食店内装工事

うどん工房 淡家 伊川谷店新装工事 店舗デザインと施工例||株式会社 センシン (大阪ー神戸)

2021年04月30日

  • Before

  • After

工事名 うどん工房 淡家 伊川谷店 新装工事 連絡先 078-940-8022
住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和698-4 工事期間 H30年10月22日~H30年12月14日
営業内容 セルフうどん 面積 163㎡ 約49坪
工事金額 1200万~1300万 URL https://udonkoubou-awaya.owst.jp/
その他

 


見積依頼からの現地調査


今回の工事内容ですが、幹線道路に面した大型路面店舗にセルフサービスのうどん店を 新規OPEN工事致します


ロードサイン 一番下の平看板がうどん店の部分


前テナントさんは焼肉店


ガス種はLPG 大型のボンベが設置されております


風除室も再利用


店内はスケルトン エアコンは再利用


トイレも再利用 美装でキレイ致します




店内にはグリストラップを設置いたします


電灯・動力盤共に再利用 移設いたします 動力は幹線工事で容量UP致します



工事スタート


厨房部分の天井は一度解体し、電気・空調・換気の配線・配管をやり替えいたします


分電盤の移設をし仮設電源を施工中


天井解体中


熟練の大工さんです 営繕工事もテキパキとこなして頂いております


分電盤も移設完了 隠蔽されていた空間を電気室にいたしました



天井の下地材は再利用いたします


天井内部には前テナントの電線や換気配管等が残ったままです


斫工事で排水のメイン管を露出させます 外部に出る前にグリストラップ設置いたします


天井の貼材が無い部分を厨房に新設の厨房に致します


既存のエアコンは全て内機洗浄致します


エアコンの分解洗浄これだけの道具が必要な上、施工場所も必要です


斫屋さんの登場 ダンプにコンプレッサーを搭載しております 気にして見ると結構道路走っておられます


厨房拡張するため、一段高い部分と配管の施工部分をコンクリートを剥がす作業になります


一段高い部分で15cm程


 

黄色のスプレーは側溝や配管の通る部分になります


 

一段高い部分の斫作業が終了  ここから溝斫に移行致します


 

土埃が凄いことに、マスク必須です


 

既存のスラブも厚さ20cm程ありました


斫ったガラは、バケツや一輪車を使いダンプに積み込んでいきます


大きい機械と小さい機械を使い分けての作業 とても大変な作業です


6~7人での作業 斫る人と搬出する人に分かれ作業いたします


ダンプ2台目



中央が側溝その他は設備配管用になります



作業終了しても粉塵が舞っております


斫作業終了後に全面床を高圧洗浄しました


資材や道具の搬入です



広かったスペースもあっという間に材料だらけ


エアコンの移設中 厨房用の※ビルトインタイプです ※ビルトインとはエアコン本体を厨房外側に設置し極力綺麗な空気を吸い込み 厨房に冷気を送るシステムのことです(油分を直接吸い込まないようにすることでエアコンの故障を防ぐ処置)


側溝の型枠を設置中 大工工事ですね


設備屋さんがグリストラップの設置準備中


電気の線を横断させるための空配管です




厨房と客席の間にはブロックを積みブロックの上に間仕切壁を立てます


壁材や客席に水が浸透しないようにすための処置です


同時進行で設備配管も行います



側溝の型枠も設置完了 各排水配管も側溝に流れるよう配管致します


GT(グリストラップ)の設置 完成


色の違うこの配管は熱湯が流れても大丈夫な配管です


配管完了後埋め戻し


着々とコンクリート打設までの準備が進んでまいります





ディスペンサー用の給排水配管も完了


客席の造作工事も同時進行です 壁面に木製ベンチを造り付け致します



換気配管の施工中 換気扇本体は屋外の屋根に設置済みの物を再利用


角ダクトに分岐したスパイラルダクトを接続 ファイヤーダンパーも設置いたしました




ベンチの下地工事中


厨房→客席の界壁工事も進行中




腰壁・垂壁共に軽鉄材


厨房の天井には断熱材を充填



外壁周りはモルタル仕上げの上防水致します




天井は不燃のケイ酸カルシウム板で隠蔽


天井の開口部分にSUSフードを取付いたします


予算の都合上全面防水ではなく隣店舗や屋外に染み出さないよう部分防水





外周壁は、厨房・客席ともに不燃材で増し貼り



水が掛かりそうな高さまでは防水ボード貼りました


火元はケイ酸カルシウム板のSUS板張り


座敷の床上げ下地です


熟練の大工さんが水平に下地を組んでおります ご苦労様です


軽鉄下地から造作工事に移行 セルフ用のロングカウンターを現場で加工取付いたします


天板は集成材


屋外ではLPG業者さんが給湯器設置・ガス配管中


カウンターは2段式のディシャップ仕様


かなり資材も減ってまいりました


どんどん仕上がってまいります


座敷も貼り工事に



カウンター天板に溝を彫りこみトレーを滑らす為の金物を設置いたします


座敷も完成 残すは仕上げ工事



壁面の木装飾


沓摺 厨房の水が店内に流れないよう段を付けます



巾木と呼ばれる壁の立上り部分をモルタルで防水層を保護致します




並行して 店内の仕上げ工事 まずは塗装工事



生コン打設前に接着剤塗布


ポンプ車で圧送打設いたします




打ち終えてすぐの状態です





水平面は着色仕上げ 垂直面はクリア仕上げ


ドリンク台も現場で組付けました


厨房の仕上げ工事です 壁・天井共に塗装仕上げ


塗装の前に、PBジョイントやネジの部分をパテ材で埋め凹凸平らに致します


シンク等の周りの壁は水やお湯で浸食しないようアルミの複合板を貼り付け致します





アルミの複合板は熱には弱いので、火気を使う厨房機器の壁には使用できません




厨房内では塗装の下塗り塗装



天井の底目地は細い刷毛を使って塗装します


客席では対面カウンターを設置中







造作仕上げと並行して装飾工事(クロス工事)


ジョイント部分のパテ処中



集成材のカウンター設置 特注サイズをオーダーしました


ドリンク台は現場で製作


セルフ形式のカウンター この上にトレーを滑らせてんぷらなどのトッピングをチョイス



施工面積が広い為クロス屋さん4人がかりで壁紙を張り付けていきます



厨房の塗装も終了し、SUSフードの取り付け中


側溝の水勾配を防水モルタルで施工中




塗装・クロス工事も完了し床工事に移行




厨房は照明器具も取付完了し残すは厨房機器の設置です


外装では足場屋さんが到着


看板の施工範囲が広い為、高所作業車ではなく 今回は足場を設置です


床材の到着



既存床面の不陸調整中 段差を無くすためにセメントで平らにいたします


通路と客席で仕上げ材を貼り分け致します


厨房機器搬入前にガラス工事が残っておりました 設置中です


ガラスのコーキング処理と併用で複合板のジョイントも処理いたします



床貼も進行中


看板屋さんの登場


分割したアルミフレームを壁に取付いたします





ロードサインは移動式のローリング足場で施工 既存盤面にIJ出力シートを貼り付けいたします


完成です




内装では床工事も完了し、テーブルや椅子の設置


アルミフレーム アルミの複合板を張り付けていきます



張り付けた複合板にこちらも出力シートを貼り付け完了です


うどん製麺機


ぞくぞくと厨房機器が搬入されていきます






消防検査に控えて感知器等の設置中


看板設置完了で足場の解体です


工事完了



 



































うどん工房 淡家様 この度の御依頼ありがとうございました


 

▲ページトップへ

お気軽にご相談ください!お問い合わせ、お見積りはコチラ